てんかん患者のてんかん患者によるてんかん患者のためのブログ

プロフィール

詳細プロフィールはこちら

 

中村真二(なかむらしんじ)
1989年生まれ。静岡県浜松市出身。湖東中学校、浜松湖東高校卒業。

 

現在はエニシアというシェアスペースで働きながら、
講演活動を行っている。

高校1年のときに突然意識を失って倒れ、
その後も倒れることがあり、検査の結果「てんかん」と診断される。

 

高校卒業後、上京し松竹芸能タレントスクール(お笑いの学校)に通うが、てんかん発作が起き、半年で退学。

浜松で仕事をするも、てんかんの人が交通事故を起こし死者を出してしまうというニュースをみて、

「自分に何か出来ることはないか」

と思うようになり、てんかんという境遇から得た経験、
思ったことを伝える為に2014年から講演活動を始める。

 

—————————————————————————–

僕が講演をしようと思う理由は、
病気で悩んでいる人を1人でも助けたいからです。

僕がてんかんになったのは15歳のときです。
そのときに人生が真っ暗になる感覚に陥りました。
そしてそこから抜け出すまでに、およそ7年の月日が掛かりました。

あのときの僕と同じように、病気になったことで悩んでいる人がいるのなら、
少しでも力になりたいです。

 

てんかんにはなってしまったけれど、
’時間の大切’や、’毎日を楽しむこと’、’感謝の気持ち’など、
そこから学んだ事は本当にたくさんあります。

それらを伝えることで、「病気になった意義」を見つけて、
前向きに生きるための、力になりたいです。

—————————————————————————–

《てんかん》とは
脳に原因があり、繰り返し発作を起こしてしまう病気。
人口の0.5%~1.0%が発症すると言われ、日本でも約100万人の患者がいると言われている。
発作の症状や頻度は人により様々で、薬を飲み発作を抑える投薬治療が主である。